Google

にきびを科学する! > 「にきび」を悪化させる要因


肌の乾燥

水分が不足した肌は、角層が乾いてめくれあがった状態になっています。
このような状態の肌は「にきび菌」や外部からの刺激に対する抵抗力が低下しているので、「にきび」が悪化しやすくなります。

また、肌が乾燥すると水分がこれ以上蒸発しないようにと防御反応で皮脂を過剰に分泌させします。この皮脂の過剰分泌は「にきび」にとっては悪い状況となります。

「にきび」が刺激されている

「にきび」ができた状態の肌は、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下していることが多いので、刺激に対して敏感になっています!

☆長い髪の人は髪の毛が「にきび」に触れたりしていませんか?
☆洋服など、チクチクするようなのがフェイスラインに触れたりしていませんか?
☆汗をかいたまま、長時間放っておいてませんか?

そのようなちょっとしたことでも、「にきび」には刺激となります。

また、よく気にするあまり手で「にきび」を触ってるひとがいますが、よくありません!
たとえ洗ったとしても、手には見えない汚れや細菌がたくさん・・・そんな手で「にきび」を触ったら、悪化させること間違いなし!

爪で「にきび」をつぶす? もってのほかです!
爪の中には、手よりも細菌の温床となっているのです。
それに、つぶすと跡が残るので絶対やめましょう!

便秘

便が長いあいだ腸に溜まっていると腸内環境が乱れ、悪玉菌が増える。

この悪玉菌が、たんぱく質を分解。

その結果、作られた毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれ、「にきび」や肌荒れの原因に・・・

また、便秘になると体内の活性酸素が増えるので、「にきび」の直接的な原因となります。

睡眠不足

睡眠不足だと、
@血液循環や皮膚細胞の代謝が悪くなります。
A「にきび」の発生原因である活性酸素がどんどん生産されます。
B炎症を抑える白血球も少なくなり、炎症が治りにくくなってしまいます。
C免疫力の低下や自律神経への悪影響などがみられます。

このように、睡眠不足は肌にとって悪いことばかり!

そもそも、肌は睡眠中に細胞分裂を行なって再生していきます。
細胞分裂に欠かせない成長ホルモンがさかんに分泌されるのが、眠り始めてから約3時間のあいだ・・・だから、眠り始めの約3時間は肌にとって特に大切な時間なのです!

生理が始まる数日前・・・

女性は、生理の始まる数日前に「にきび」ができるという経験をしている人は多いのではないでしょうか。

この時期はホルモンの影響で肌のキメが粗くなり、「にきび」ができやすくなります。

だから、この時期は基礎的なクレンジングや洗顔、保湿、保護を朝晩ていねいに繰り返すケアがおすすめです。「にきび」の炎症がひどいときは最低限のケアに抑えますが、状態がよい時には保温パックなども効果的です。

偏った食生活

栄養バランスが偏ると、皮膚の健康が保てなくなります!
特にビタミン類が不足すると「にきび」ができやすくなってしまいます。

たとえば、
ビタミンAが不足すると、角化異常が起こりやすくなり、皮脂が詰まりやすくなります。
ビタミンBが不足すると、皮脂分泌をコントロールする機能が低下してしまいます。

このように、ビタミン類は肌とに関わりが深いので、しっかり摂取しましょう。

また、チョコレートやスナック菓子など、食べ過ぎていませんか?
脂肪分糖分は皮脂の材料となります。
だから、それらの成分が含まれているお菓子などを過剰に摂取すると、「にきび」の原因となる皮脂の分泌量が増えてしまいます。
気分転換や口寂しいときに、少し摂取するなら問題ありません。しかし、食べ過ぎは禁物です!

いずれにしても、食事を気にし過ぎるあまり、それがストレスとなり、かえって症状を悪化させることも・・・
神経質にならず、バランスの良い食事を日頃から心がけることが大切です!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。