Google

にきびを科学する! > 「にきび」の治療

「にきび」の治療の記事一覧


皮膚科でのにきび治療

にきび治療で処方される代表的な薬を紹介します。

【内服薬】
にきびに処方される一般的な内服薬は、抗生物質ビタミン剤です。

抗生物質としては、
・ミノマイシン
・ミノスタシン
・パンスポリン
・フロモックス
・クラリス
・クラリシッド
などが処方されます。化膿を伴うにきびが多発している場合には、抗生物質が使われます。

ビタミン剤は、にきびの原因である皮脂の過剰分泌を抑制するために用いられます。また、にきび跡の原因となる色素沈着の改善などのために使用されることもあります。
よく処方されるのが、シナールやフラビタンです。

【外用薬】
にきびに処方される外用薬は、抗生物質・ビタミン剤の2種類です。

抗生物質は、外側からにきびの元となるアクネ菌を殺菌し炎症等を鎮めます。
よく使われるのが
・ダラシン
・アクアチム
・エリスロマイシン
などです。

ビタミンC外用は、皮脂分泌や炎症を抑制する効果があり、にきびのできにくい肌をつくり上げます。最もポピュラーなのはビタミンC誘導体ローションです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。